親が介護施設に入居を機にマイホーム(実家)を売った時の特例

親が介護施設等に入居などされた事をきっかけに、誰も使わない親の実家を売却する場合に要件を満たせば「3000万円特別控除」が適用されます。

例えば、売却価格が仮に2000万だとしたら、諸経費は別として「所得税や住民税」はかからない事になりますね。(3000万円控除できる)

マイホームを売った時の特例「居住用財産の3000万円特別控除」

(要件など)

  • 自分が住んでいる家屋、または家屋と敷地を売った事。なお、以前に住んでいた家屋や敷地の場合は(介護施設に入居など)住まなくなった日から3年目の年の12月31日までに売る事。住んでいた家屋又は住まなくなった家屋を取り壊した場合は、次の(1)(2)の2つの要件の全てに当てはまる事が必要です。

1)その敷地の譲渡契約が、家屋を取り壊した日から1年以内に締結され、かつ、住まなくなって日から3年目の年の12月31日までに売る事。

(2)家屋を取り壊してから譲渡契約(売買契約)を締結した日まで、その敷地を貸駐車場などその他の用に供していないこと。

つまり、自宅を売却する可能性があるときは、すぐに取り壊したり、貸駐車場にしたりしない方が良い場合があるという事です。

  • 前年、前々年にこの特例を受けていないこと。(3年に1度しか使えない)
  • 配偶者や親、夫婦などの特別な関係にある人に売ったものではない事。

その他重要な事

  • 所有期間の長短にかかわらず適用可能。
  • 特例を受けるためには確定申告が必要。
  • 所有期間が10年を超える居住用財産の「軽減税率」と併用可能な事。

当事業体では「各種専門家」との「連携」を強みにしております。「空き地」「空き家」の最適な「活用方法」を一緒に考えて行きませんか?

山口市、萩市、宇部市の「空き家」「空き地」のことなら「やまぐち空家管理サービス」まで!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA