空家活用・店舗編!店舗を建築し人に貸す

店舗や事務所といった事業物件は、キッチンや風呂など水回り設備が必要ないために、規模、構造にも左右されますが、比較的安く建築できる可能性があります。

店舗やテナント開発には様々な種類と方法があります。ローサイド店舗(コンビニ、飲食店、物販店)、複合型店舗(外食産業、レストラン、テナント)、注文建築(営業所など) その地域の年齢層、ニーズ、集客力などの調査が必要になります。当事業体では、大手流通店舗、メーカー、に複数依頼をかけ、その対象地での可能性と収支、事業計画等を様々な角度から調査してもらう事が可能です。

当事業体では、すべての業者が不動産業を免許を取得しているため、建築後、或いは建築前の客付け、対象物件の管理、クレーム処理、退去時の清算、次の募集も行う事が可能です。

以下、有効活用の代表的な方法を紹介致します。

1、自己建設方式

土地の所有者が自ら企画、資金の調達、業者への発注から運用までをすべて行う方式です。メリットとしては土地の所有者がすべての収益を享受する事ができる事ですが、そこには専門的な知識やノウハウが必要になり、当然の事ながらリスクは高いと言えます。

2、建設協力金方式

賃借予定者のテナントが、その事業のパートナーとなり土地の所有者にに対して「建設協力金」を差し入れ、土地所有者はその資金を事業資金に充てる方法です。建設された建物は土地所有者の名義となり、建物が完成すると賃借予定者であるテナントと「建物賃貸借契約」を締結し、差し入れられた「建設協力金」は「保証金」となります。

3、事業受託方式

事業の計画、建物の建築、施工、完成後の管理の運営までの一切の事業を「デベロッパー(不動産開発会社)に委託してしまう方法です。大手である「デベロッパー」のもつ「ノウハウ」を活用できるというメリットがあります。その多くが「デベロッパー」を賃借人とした「一括賃貸」とする場合で、空室リスクは軽減され、安定した収益が期待できます。一方で、賃料収入は市場の相場より低くなり、「貸主 土地所有者」「借主 デベロッパー」といったサブリース契約になるため、契約の期間や家賃保証の期間、家賃そのものの「減額」といった可能性に留意する必要があります。

6、定期借地権方式

土地に定期借地権を設定し、土地を貸す方法です。資金負担がないため、長期的に安定収入が見込めます。

上記以外にも「土地信託方式」「等価交換方式」など様々な活用法があります。

まずは、「空き家」「空き地」の管理で不動産の「価値」を維持、向上を一緒に考えて行きませんか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA